酔わない飲み方を身につける

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

酔わない飲み方を身につける

飲み会に参加するとすぐに酔っぱらってしまって最後までお酒の席を楽しめないという人はいませんか?
 
アルコールへの耐性は人それぞれですから、酔いが回りやすい人も一定数存在します。

 

今回は、そんな皆さんのために飲み会ですぐに酔わないための方法を見ていきましょう。
飲み会で酔わないためには、開始前の準備が重要です。

 

お腹が空っぽの状態でいきなりお酒を口にするとアルコールがすぐに体内へ吸収されるため非常に酔いやすくなります。
そのため、酔わないようにするためには飲み会が始まる30分から1時間の間で何か食べ物を口にしておきましょう。

 

食べ物と同時に肝臓の働きを促進する栄養素を摂っておくと酔いにくさがさらに高まります。
その栄養素の代表がクエン酸です。

 

レモン果汁が入ったジュースや黒酢が含まれるドリンクなどを飲んでおくと、肝機能が向上しますから飲み会前には必ず口にしましょう。
飲み会が始まった後はお酒と一緒にチェイサーを手元に置いておくことをおすすめします。
アルコールの分解には水分が不可欠です。

 

これが不足すると体内でお酒が薄まることなく吸収されますから、酔っぱらった状態に陥りやすくなります。
こうした事態を予防するためにも、お酒を一口飲んだらジュースやお茶といったソフトドリンクにも口を付けるようにしてください。

 

お酒を分解するのに必要な栄養素を飲み会のおつまみとして摂取するのも有効です。
ビタミンやミネラルを豊富に含む海藻やタンパク質を豊富に含み何柄も脂肪が溜まりにくい豆腐などは、酔い対策だけでなく健康な身体を形成するのにも一役買ってくれます。
酔わない飲み方を習得して、飲み会を最後まで楽しみましょう。