二日酔いせずに居酒屋を楽しむ

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

二日酔いせずに居酒屋を楽しむ

楽しい飲み会の翌日は、二日酔いで仕事が手につかない。
こんなお悩みをお持ちの方も多いことでしょう。

 

お酒への耐性は多くの場合体質によって決まります。
二日酔いをしないためには、飲む前の準備と飲み方が重要なのです。

 

二日酔いを予防するには、
お酒を飲む前にオリーブオイルやバターなどを摂取するのがおすすめです。

 

なぜかというと、
こうした食品に含まれる脂肪分がアルコールの吸収効率を抑えて、
二日酔いしにくい身体にしてくれるからです。

 

これ以外にもドレッシングやナッツといった食品は脂肪分を多く含んでおり、
二日酔い予防に役立ちます。

 

いつも飲んでいる二日酔い予防用の栄養ドリンクでは効果を感じられないという方は、
ぜひこちらをお試しください。

 

居酒屋で朱蒙するお酒の種類によっても、酔い方は大きく変わってきます。

 

意外に酔いやすいお酒は、ビールやサワーといった炭酸を含んだものです。
炭酸はアルコールの促進を促すことから、
二日酔いしやすい人にはあまりおすすめ出来ません。

 

焼酎やウィスキーの水割りを少しずつ飲むと、
アルコールの吸収が穏やかになります。

 

そもそも二日酔いとは、アルコール分解に伴って
身体の水分が不足した状態のことを指します。
お酒の量を抑えることはもちろんですが、
飲んでいる最中にも水を補給することで次の日の酔いを抑えられるのです。

 

それでも二日酔いになってしまったという方は、
翌日にショウガを混ぜたお茶を飲みましょう。
激しい吐き気に襲われる方には、特に有効な方法です。

 

頭痛に悩まされる人には、コーヒーや味噌汁が有効です。
二日酔い対策を万全に行って、飲み会を楽しみましょう。
楽しくお酒が飲めるお店はこちらです。https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13184885/