ウィスキーを美味しく飲みたい

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

ウィスキーを美味しく飲みたい

近年ウィスキーに対する注目が高まっています。
特に、テレビドラマなどの影響もあり
国産ウィスキーの美味しさが世間に浸透し始めたのです。

 

そんな流れに乗って、最近では居酒屋でも
数多くのウィスキーを取り扱っていることをご存知でしたでしょうか?

 

そこで今回は、ウィスキーを美味しく飲むのにピッタリな
おつまみについて見ていきましょう。

 

ウィスキーに合うおつまみの味としては、
甘いものと塩辛いもという2種類の傾向に分けられます。

 

塩辛いおつまみの代表として挙げられるのがチーズです。
ウィスキーは麦芽を発酵させた液体を蒸留することで生まれるお酒です。
蒸留する過程で発生するスモーク風味が、同じ麦を原料とするビールとの大きな違いです。
この風味を楽しむにはチーズがピッタリなのです。
普通のチーズでも美味しいですが、
燻製されたものの方がウィスキーの美味しさをより引き立てます。

 

辛口なウィスキーには、塩気が強いジャーキーや生ハムがおすすめです。
辛口のものほど匂いが強い傾向にありますが、
塩辛いおつまみであれば強い匂いが苦手という人でも美味しく召し上がれるのです。

 

甘いおつまみの代表は、やはりチョコレートです。
ウィスキーの甘さとチョコの甘さを比例させましょう。
辛口のウィスキーほどチョコの甘さが強調されるのです。
甘口ウィスキーにビターなチョコレートを添えるとチョコの苦みと甘み、
そして麦の香りが口中に広がります。

 

ウィスキーを美味しく飲むには、やはりストレートが1番有効な飲み方といえます。
慣れるまでは水や炭酸水で割るのも良いでしょう。
冬であればお湯で割ってあげると身体が暖まります。

 

居酒屋であればこうした飲み方を気軽に試せますし、おつまみも豊富です。
美味しいウィスキーを飲みに、居酒屋へ出かけてみてください。
あるいは、蒲田の貸切バーで、スポーツ観戦を楽しみながらウィスキーを飲むのも素敵です。