日本酒をワイングラスで飲む魅力

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

日本酒をワイングラスで飲む魅力

日本酒には日本酒専用の酒器が用意されています。
そのため日本酒を飲む時には、お猪口や徳利で飲むという人が多いでしょう。

 

ですが、日本酒をワイングラスで飲んだ事はありますか?
日本酒をワイングラスで飲む事で、日本酒が美味しくなるのです。

 

では、なぜ日本酒をワイングラスで飲むと、日本酒が美味しく感じられるのか、その理由を紹介します。
まず、ワイングラスは香りを楽しむのに非常に適したグラスです。
そのため、日本酒の繊細な香りも、ワイングラスなら長時間楽しむ事が可能です。

 

そしてワイングラスの形状により、日本酒をワイングラスで飲むとお猪口で飲む時と比べると、甘みや酸味を感じやすくなります。
色や外観の違いも、お猪口なら分かりませんが、ワイングラスなら一目瞭然です。

 

日本酒は、無色透明のイメージがあるかもしれませんが、日本酒の種類によって、淡い黄色、麦藁色、黄金色、琥珀色など多様です。
ワイングラスによって、日本酒を香りを楽しみ、見て楽しみ、そして味で楽しむ事が出来るようになるのです。

 

また日本酒をお猪口で出すと、どうしても和食以外は違和感があります。
ですが、ワイングラスで出す事で、フレンチや、イタリアン、中華料理でも、日本酒と組み合わせる事が可能になります。
つまり、日本酒を飲まれる機会が増え、日本酒の人気がさらに高まるというわけです。

 

事実日本では、まだまだ日本酒は酒器で飲む機会が多いですが、海外では日本酒はワイングラスで飲まれています。
ワイングラスの方が手軽に手に入るという事情もあるかもしれませんが、それ以上に日本酒を美味しく味わえる方法だという事を知っているのです。

 

美味しい日本酒がある小料理バル ドメがおすすめです。