日本酒は酒器によって味が変化する

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

日本酒は酒器によって味が変化する

生ビールのジョッキや、ワイングラスは基本的に、どのお店でも大差がありません。
 
ですが、日本酒の酒器は、お店によって、いろいろなデザインのモノを使用しています。
これは見た目のデザインだけに拘った訳ではなく、酒器によって味が大きく変化するため味に拘って選ばれた酒器です。

 

では、どんな酒器だとどんな味になるのか、簡単に紹介したいと思います。
まず、日本酒を冷酒や熱燗で飲む場合は、酒器は容量の小さいサイズを選ぶのが基本です。
なぜかというと、たくさん容量が入ってしまうと、飲み終わるまでに時間がかかってしまいます。

 

冷酒は冷たいうちに、熱燗は熱いうちに飲むべきです。
冷酒や熱燗がぬるくなってしまうと、味が落ちてしまいます。
そのため冷酒や熱燗の酒器は、飲み切りサイズを選ぶようにしましょう。

 

そして酒器は口径によっても、味が大きく変化します。
口径によって、酸化のスピードや香りが変わります。
口径の大きい酒器を選ぶと、口当たりがよく、香りがいい日本酒を楽しむ事ができます。

 

容量、口径によって味が変わると言いましたが、他にも形状によっても味は変わってきます。
丸みがあるデザインは、日本酒本来の味を堪能するのにピッタリの酒器です。
口径よりも真ん中が広がっているデザインは、濃醇な味わいでありながら、香りは控えめな日本酒を楽しめます。

 

このように、酒器によっても日本酒の味は大きく変わってくるので、自分好みの酒器と出会いたいですよね。
ただ、日本酒初心者が、いきなり酒器から入るのは難しいので、最初はお店で出された酒器とその飲み心地を覚えるところからスタートしましょう。