日本酒の飲む温度

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

日本酒の飲む温度

あなたは普段、日本酒を飲む時、どれぐらいの温度で飲んでいますか?
日本酒は、飲む温度によって全然味が違ってきます。
では、どのように違うのか、冷酒、常温、熱燗と、それぞれの味の特徴について紹介します。

 

まず冷酒とは、5〜10度の日本酒の事を言います。
日本酒の温度が低ければ、味の雑味が気にならなくなります。
そのため、安くて雑味がある日本酒でも、冷酒にして飲むと美味しく飲む事が出来ます。
ただし、冷酒にすると、どの日本酒も同じような味になってしまうので、日本酒の味の違いを楽しみたい時にはおススメできません。
冷酒は、香りを強く感じ、スッキリと飲む事が出来るのが、特徴です。

 

常温は、15〜20度ぐらいの日本酒の事を言います。
冷たくもぬるくもない温度なので、日本酒本来の味をしっかり味わう事ができます。
そのため品質のいい日本酒は、冷酒にも熱燗にもせず、常温で味わうのがもっとも贅沢な飲み方だと言えるでしょう。

 

寒くなってくると飲みたくなるのが熱燗です。
熱燗は30〜40度でぬる燗、40度以上からは熱燗と呼ばれ、10度単位で味が変化するので、自分の好みの温度を探してみるといいでしょう。日本酒は熱燗にする事で、日本酒に含まれる旨み成分が増加します。
そのため熱燗は、まろやかでコクがある味わいが特徴だと言えます。

 

日本酒を冷酒にしたり、熱燗にする事で、普段飲んでいる日本酒でも全く味が違って感じられるので、新しい発見があるかもしれません。
また季節や、一緒に食べる料理に合わせて、日本酒の温度を変えて、相性を合わせるのもおススメです。

 

日本酒が美味しい難波駅近くの個室居酒屋はこちら