女性を口説きたい時のお酒の飲み方

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

女性を口説きたい時のお酒の飲み方

合コンなど、居酒屋やバーで女性を口説く方が、成功率が上がると言われています。
しかし、お互いにお酒を飲みすぎてしまったら、その後2人で抜けて飲みなおすなどの次のステップへ進めません。
では口説きたい相手がいる時の、お酒の飲み方について紹介したいと思います。

 

まず、お酒を飲む量は、普段より少ないぐらいでいいのです。
肝心な事は、酔う事ではありません。
リラックスして、警戒心が薄れる事、そしてお酒を飲んだと認識している事が重要なのです。

 

逆に女性にお酒を勧めすぎると、この男性は自分を酔わせて何かするつもりなんじゃと下心が見えてしまいます。
そのため、女性にお酒を勧めるのではなく、女性が自ら率先して飲んでいる状況を作りだしましょう。
お酒を飲むペースは、女性よりゆっくりと、グラスのお酒が女性よりも残っている状況にしておきます。

 

そして女性が先に飲み終わると、「グラスが空になったけど、何か注文する?」と女性の意志に任せる事ができます。
そうすると、女性は飲まされているという意識を持たないでしょう。

 

ただし、状況によっては、たくさん飲む事が2人の距離を縮めるケースもあります。
女性が憂さ晴らしに飲みたいという気分の時は、一緒に付き合ってあげましょう。
また女性の中には、お酒が入ると理性が働きにくくなり、急に男性に甘えてくるような人もいます。
これは日常生活の中で、理性的である反動だと言えるでしょう。
その場合は、理性が開放された状況で、口説いた方が効果的だと言えるでしょう。
臨機応変に状況を見ながら、お酒の力を借りて、口説きましょう。

 

デートにもぴったりなおしゃれなお店の観世水