お酒に弱い人の飲み方

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

お酒に弱い人の飲み方

お酒に強い、弱いはその人の体質の問題です。
努力したからといって、お酒が弱い人が強くなる事はありませんし、
また無理して飲む必要もありません。
ただ、会社の忘年会など、良好な人間関係を築くためには、
お酒が弱くても居酒屋の飲み会に参加する機会は少なくありません。
また1人だけ全く飲まないというのも、間がもたないという事もあるでしょう。
そのため、お酒に弱い人がお酒に、酔わない飲み方を紹介したいと思います。

 

まず、飲み会当日の体調を万全にしておきましょう。
体調不良の時であれば、ますます酔いやすくなります。
なので、前日はしっかり睡眠を取り、体調を整えておきましょう。
そして空腹の状態で、胃にアルコールを入れてしまうと、アルコールの吸収が早くなってしまいます。
乳製品で胃を保護すると、酔いにくくなるため、
飲み会の前に飲むヨーグルトや牛乳を飲むのがオススメです。

 

そして、お酒を飲む時には、おつまみをしっかり食べて、しっかり水分を補給して下さい。
お酒でたくさん水分を摂取している、これ以上水分補給をすれば、すぐにトイレに行きたくなってしまう。
そう思う人もいるかもしれませんが、お酒を飲む事で体内ではアルコールの分解のため水分が必要です。
尿意が近くなるのは、アルコールにより、尿意の抑制が働きにくくなっているためです。
飲んだ水分がすぐに、排出されるわけではありません。

 

お酒が弱い人は、自分の限界量をしっかり把握し、
人のペースに流されないで、自分のペースでお酒を飲むようにしましょう。
許容量を超えた時点で、お酒を勧められても、
にっこり笑って「お酒に弱いので、これ以上はすいません。」
そう断れば、角が立つ事はありません。

 

凛花 全席完全個室居酒屋 神戸三宮店