冷え性を改善するお酒の飲み方

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

冷え性を改善するお酒の飲み方

冷え性に悩んでいる女性は、少なくありません。
冷え性は、食生活や運動不足などの生活習慣が原因で起こりますが、
お酒もその要因になると知っていますか?
居酒屋でお酒を飲むと、身体がホカホカしてくるので、
身体を温める働きがあると勘違いしている人もいるかもしれません。
ですが、実際は、冷たいお酒を飲む事で、内臓が冷え、
身体が温まり発汗する事で、その後身体を急速に冷やしてしまいます。
またアルコールの分解で水分が奪われる事も、
冷え性の悪化につながると言われています。

 

実はお酒には、身体を冷やすお酒と、身体を温めるお酒が存在します。
冷え性の女性は、冷え性を悪化させないように、身体を温めるお酒を意識して飲むようにしましょう。

 

まず身体を冷やすお酒とは、ビールやウイスキー、白ワイン、焼酎です。
身体を温めるお酒は、日本酒、赤ワイン、紹興酒などです。
ワインが色によって、性質が違うのも面白いですよね。

 

ただ、身体を冷やすお酒であっても、飲み方次第で身体を温める事は可能です。
ビールの場合は、黒ビールを選ぶと、身体が温まりやすくなります。
夏はキンキンに冷えたビールを一気で飲みたい、
そんな気持ちも理解出来ますが、冷え性の症状にはよくありません。
ビールを飲む前に、ホットコーヒーなど温かいものを飲んでおく、
おつまみは身体を温めるものを選ぶなど工夫しましょう。
焼酎もお湯割りにすると、身体を冷やさずに飲む事ができます。

 

身体を温めるお酒でも、ホットワインや熱燗など、さらに飲み方によって相乗効果が期待できます。
冷え性が悪化すると、身体の至るところで、支障が出てしまいますから、
日常生活の中で身体を温める事を意識する事は大切な事です。

 

お酒が美味しい横浜の居酒屋はこちらです。ヘルシーな野菜料理も豊富!