上司や目上の人との飲み会マナー・その1

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

上司や目上の人との飲み会マナー・その1

いよいよ忘年会や新年会のシーズンの到来で、何かと飲み会が増えることでしょう。
気の置けない仲間との飲み会であれば気兼ねなく飲めますが、
上司や目上の人と一緒に飲む機会も少なくありません。
そういう機会に飲む場合は落ち着いた雰囲気の八重洲駅周辺にある個室居酒屋のような場所がおすすめです。

 

最近の若者の中には何かと理由をつけて参加を断るケースも多いようですが、
あなたを理解してもらうせっかくの機会なのですから、
最低限の大人のマナーを知った上で
日頃ほとんど同席することのない上司や目上の人との飲み会を楽しみたいものです。

 

このサイトでは、2回に分けて上司や目上の人との飲み会マナーについて紹介します。
まず知っておきたいのは「席順のマナー」です。
洋室でも和室でも席には上座と下座があり、
上座に役職が上の人・年上の人が座り下座には後輩にあたる人や若い人が座ります。
上座は出入口から一番奥の席で、下座は出入口に一番近い席です。
上座を中心にして、右隣が二番目で左隣に三番目の序列の人が座るのが基本です。
良く分からない場合は上司や目上の人の後ろをついて会場に入り、
出口に一番近い席に座ります。
もし上司や目上の人から上座を進められた場合は上座に座っても問題はありません。
次は「席を移動する場合のマナー」です。
和室での飲み会では特に知っておきたいのは、
座席を移動する際に座布団・畳のヘリ・敷居を踏んではいけないというマナーです。
このマナーの発祥は奈良時代までさかのぼるもので
和室が多かった昔はどこの家庭でもこうした躾が行われていました。
しかし近年はそうした家庭が少なくなっているようですが、
やはり大人のマナーとして実行したいものです。