歓迎会での新入社員の立ち回り方

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

歓迎会での新入社員の立ち回り方

新入社員として入社した場合、歓迎会が開催される可能性が高いと言えます。
学生時代の飲み会と、社会人としての飲み会は違いますから、どう立ち回ればいいのかポイントを紹介します。
 

 

まず、社会人の飲み会も体育会系なのか、まったりしているのか、会社やメンバーによって雰囲気は大きく異なります。
なので、最初は様子を見てお酒のペース配分を考えましょう。
そしてあなたが様子を見ているのと同じように、上司もあなたの様子を見ています。
気配りやマナーの有無、機転が利くかどうか、お酒が入るとどう変わるのか?など勤務時間だけでは分からないその人の特徴を飲み会では掴みやすいからです。

 

そして飲み会の様子で、仕事が出来るかどうか判断されている可能性もあるので、勤務時間外とは言え、気を抜く事は出来ません。
仮に上司が「今日は無礼講だ」と言ったとしても、本当に無礼講になる事などないのでお酒の席での言動には注意して下さい。

 

新人の場合は、とにかく目立とうとするよりも、上手に立ち回るためには、聞き役に回る事がポイントです。

 

そして新人だからこそ、歓迎会であっても、主役だから何もしなくていいという訳にはいきません。
お酌や料理の取り分け、注文の追加など、気配りが求められます。
こればかりは社会人になっていきなり気配り上手になれる訳ではないので、学生時代の飲み会で幹事など経験しておくべきだと言えるでしょう。完璧に気配りが出来なくても、苦手だから何もしないのではなく、自分が気付く範囲で構わないので気配りして動く姿勢が大切です。

 

そして歓迎会では、新入社員が1人ずつ挨拶を求められる可能性があります。
いきなり挨拶と言われても、何を話せばいいのか困ってしまうと思うので、事前に話す内容を考えておきましょう。