焼酎は様々なおつまみに合う

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

焼酎は様々なおつまみに合う

お酒を飲み始めたばかりの皆さんにとって、焼酎は未知なるお酒だと思います。
日本酒やビールのように手軽に飲むイメージではありませんし、独特の匂いが苦手という人もいることでしょう。
しかし、年齢を重ねるにつれて焼酎の旨味とどんなおつまみでも受け入れてくれる懐の深さが身に染みてくるのです。

 

今回は、そんな焼酎とおつまみを合わせる方法について詳しく見ていきましょう。
お刺身などの魚介類は焼酎と非常に相性が良いとされています。
米焼酎はもちろんのこと、芋焼酎も想像以上に美味しくいただけるのです。
 

 

ポイントとしては、なるべく甘めの醤油をつけてお刺身を食べることです。
芋焼酎はご存知のように芋を原料にしています。

 

芋は糖質が豊富なため、芋焼酎そのものもほんのりと甘い風味が漂っています。
その甘さとお刺身の架け橋になるのが、甘口の醤油なのです。

 

芋焼酎の本場である九州では、お刺身に甘口の醤油を垂らし、芋焼酎と一緒に食べるというのが当たり前の光景です。
今まで試したことがないという人は、ぜひ居酒屋などの飲食店でお刺身と芋焼酎を注文してみましょう。

 

肉料理に合わせたいのであれば、米焼酎や麦焼酎がおすすめです。
どちらも独特の風味を持ちながら、後味が非常にスッキリとしています。

 

脂身が多めな肉料理を食べた後のお口を、この爽やか口当たりがリフレッシュしてくれるのです。
ストレートやロックよりも水で割った方がスッキリ感は高まります。

 

お肉料理に焼酎を合わせてこなかったという人はぜひ一度お試しください。
飲み方や原料の種類を工夫するなどして、焼酎の可能性と美味しさを模索していきましょう。