お酒が美味しくなる食べ合わせ

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

お酒が美味しくなる食べ合わせ

飲み会でお酒とおつまみを一緒に食べたとき、より美味しさを強く感じられる食べ合わせを発見すると嬉しくなりますよね。
飲み会は歓談だけではなく、お酒と料理を楽しむ場でもあります。

 

より飲み会が楽しくなるような料理とお酒の食べ合わせについて詳しく見ていきましょう。
乾杯の定番であるビールには、揚げ物がよく合います。

 

サクサクとした食感の衣が美味しい揚げ物ですが、何度も口に運んでいるとお口の中が脂っぽくなってしまいますよね。
ビールの炭酸がお口の中をリフレッシュさせてくれますし、ホップの苦みは食材の旨味がさらに引き出されるスパイスとして効果を発揮します。

 

天ぷらよりも甘辛いソースを付けて食べる串揚げなどの方が相性は良いため、ぜひ一度お試しください。
日本酒に合う料理としておすすめしたいのが魚介類です。

 

煮付け料理のようにしっかり味が付いた料理には、古酒や純米酒などのように香りが強い日本酒を合わせてみましょう。
反対に、刺身や塩焼きなど魚の旨味をしっかり感じたいときには爽やかな香りが特徴の吟醸酒がピッタリです。

 

日本酒には様々な種類がありますから、料理の特徴に合わせて一緒に飲む日本酒を変えていくと、より美味しい組み合わせを発見出来ます。
最近では、ワインを飲むことが出来る居酒屋が増えてきました。
それだけワインが私たちにとって身近になったのです。

 

ワインを美味しく飲むための原則として知っておきたいのが、「あっさりな料理には白、ジューシーな料理には赤」です。
この原則を知っているだけで洋食だけでなく和食などと一緒にワインを飲んだときの美味しさも上昇します。
お酒との食べ合わせを熟知して、飲み会で幸せな気持ちになりましょう。
上手な飲み方を覚えて美味しい居酒屋にいってみましょう!私のおすすめはほのか ‐Honoka‐ 所沢店です。