美味しい食べ方を知っていますか?

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

美味しい食べ方を知っていますか?

普段ご飯を食べる時、食べ方にはあまり注意を払わない人も少なくないでしょう。
しかし食べ方が変われば、料理の美味しさも変わってきます。
それなら美味しい食べ方で、料理を食べたいと思いませんか?
 
まず料理を食べる時に、五感を使って食べましょう。
五感とは意識をする事で、鍛える事が可能です。
例えば習慣づけとして、料理を食べた時に、ただ美味しいと思うのではなく、盛り付けがキレイで目に美味しい、味付けが繊細で舌に美味しいと五感で味わって下さい。意識する事で味わいの幅が広がり、食べる喜びが深まります。

 

また食べ方がキレイで、しっかり噛んで味わって食べているとしましょう。
そうすると体内環境も整うため、若々しく健康でいられます。
病気になると食事制限で、食べたいモノも我慢しなければいけなくなります。
だからこそ、若いうちから食べ方に拘り、健康を維持する事が美味しく食べるコツだと言えます。

 

食事をする時に、顔の筋肉を鍛えた方が、料理が美味しくなると知っていますか?
顔の筋肉って何?と思う人もいるかもしれません。
ですが、蕎麦を食べるとき、蕎麦はズズっと音を立ててすすった方が美味しく食べれます。
このすする時に、顔の筋肉の有無で大きく差が出るのです。
特に若い人の中には、顔の筋肉が少なく、蕎麦をすすって食べれない人も少なくありません。

 

それに、ダイエット中の人はよく噛んだ方が、満腹中枢が刺激されて少量でもお腹がいっぱいになるというのは有名な話です。
しかしよく噛むという行為は、実は料理の味にも深く影響します。
噛む事で唾液酵素がたくさん分泌されます。
この唾液酵素こそ、味覚を育てる酵素なので、料理を味わうためにはしっかり噛む事が大切なのです。