飲み方で変わるお酒の味わい

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

飲み方で変わるお酒の味わい

皆さんはお酒の飲む際にお気に入りの飲み方というものがありますか?
現在ではお酒の温度を変える、ジュースや水などを混ぜて飲むといった方法が当たり前になっています。
しかし、当たり前だからこそ飲み方によって味がどれほど変わるのかを意識していない人も多いのです。

 

今回は、様々なお酒の飲み方と、それによって味がどう変わっていくのかについて詳しく見ていきましょう。
ウィスキーなどの蒸留酒を飲む際には、ロックという方法で楽しむ人も多いと思います。
ロックとはグラスに入れたお酒に氷を加えるというものです。
氷は時間とともに溶けていきます。

 

溶けた氷はお酒の味を薄めるだけではなく、口当たりを滑らかにしてくれるのです。
ストレートで飲むにはアルコール度数や香りが強い。
けれどもお酒本来の風味を損ないたくないというときには、ロックのお酒をしばらく放っておき、氷が少し溶けた段階で飲むのがおすすめです。

 

水割りはお酒の風味が薄れますが、飲みやすさを求める方にはピッタリな飲み方といえます。
初めて飲むお酒やアルコール度数の高い蒸留酒の場合には、まず水割りで風味や口当たりを確かめてみると良いでしょう。

 

一方でお湯割りはお酒の香りが強くなります。
焼酎やウィスキーでよく見られる飲み方ですが、湯気とともにお酒の香りが上昇してくるため、匂いを堪能したいときにお試しください。

 

変り種としてはお酒を半分凍らせた状態でグラスに注ぐというものがあります。
日本酒におけるみぞれ酒がその代表です。

 

シャリシャリとした食感が舌を刺激し、冷たさが全身を駆け巡ります。
ご紹介したような飲み方を試しつつ、自分だけのお酒の楽しみ方を見つけましょう。