飲み会での賢い立ち回りとは

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

飲み会での賢い立ち回りとは

社会人になってお酒を飲み始めた皆さんは、飲み会に参加する機会も当然増えてくると思います。
飲み会はお酒の席ですから、独特のマナーや作法が必要な場です。

 

社会人として充実した生活を送るためには、飲み会での上手な立ち回り方を習得する必要があります。
最初に注意したいのが、上司や先輩と積極的に会話をするということです。

 

お酒が入ることで本音をさらけ出す人もいますし、飲み会での立ち振る舞いが仕事に通じると考えている方も少なくありません。
こうした場で積極的に動くことが仕事でもプラスに働くのです。

 

先輩や上司の近くに座ったら自分からお酌をするのが後輩としてのマナーです。
こちらの番が終わったら先輩にもお酒を注いでもらい、盃を酌み交わしましょう。

 

そこから会話に入れば仲間意識が生まれて上司や先輩と親交を深めやすくなるのです。
飲み会での会話としては、仕事関係よりもプライベートな内容が好まれます。
自分の趣味などを端緒に、先輩や上司との共通の嗜好を見つけだしましょう。

 

そこから仲良くなることで、仕事だけでなくプライベートでも人生の師を探し出すことが出来るのです。
料理などの取り分けも後輩の仕事です。

 

飲み会では大皿料理が提供されることが多いため、自分の分だけでなく周囲の人にも取り分けてあげてください。
そのとき、食べられないものはないか、量はどのくらいが良いかといった声掛けをすると気遣いが出来る人間として認識されます。

 

空になった大皿やグラスをテーブルの端に寄せておくなど、飲み会の参加者だけでなくお店側への気遣いも忘れないでください。
飲み会での立ち振る舞いをマスターして、お酒の席を楽しみましょう。

 

飲み会に利用しやすいお店、匠-たくみ- 浜松店