爆弾酒と適量について

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

爆弾酒と適量について

酔っぱらうと、普段はしない行為でもノリでしてしまう事ってありますよね。
例えば、酔っぱらって爆弾酒を飲んだ経験がある人もいるのではないでしょうか?

 

爆弾酒とは、ビールや焼酎、ウイスキーなど、違う種類のお酒を混ぜて飲む事です。
ですがそもそもカクテルで、複数のお酒を混ぜて飲む事ってありますよね。
そのため、意外と爆弾酒は、喉ごしが柔らかくなって、単品で飲むよりも飲みやすく感じるケースがあります。

 

ですが飲みやすく感じても、お酒を混ぜた事でアルコール度数が下がった訳ではありません。
そして爆弾酒は、ビールに含まれる炭酸が胃腸でアルコールの吸収をサポートしてしまいます。

 

その結果通常時よりも、急速に血中アルコール濃度が上昇してしまい、酔いやすくなるという事を知っておいて下さい。
お酒の量自体はいつもと同じで、自分の適量を守っていると思っても、それが爆弾酒であれば話が別です。
敢えてリスクを犯して、爆弾酒を飲むメリットなんて何もありません。
もし、飲むように上司から強制されてもアルハラですから、断る勇気も必要です。

 

そもそも自分の容量を適切に、把握している人は少ないと言えます。
なぜかというと、体調によって適量は変化するためです。
いつもより疲れが溜まっていたり、体調不良だと肝臓の機能が低下しています。

 

そして女性の場合は、生理前は女性ホルモンの働きで、アルコールが分解されにくくなっています。
なので○杯までなら酔わないから大丈夫と思っていても、体調によっては○杯でも酔う可能性は十分にあるわけです。