お酒で酔いにくくなるテクニック

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

お酒で酔いにくくなるテクニック

プライベートな飲み会であれば、多少ハメを外して酔っぱらったとしても、楽しければそれでOKです。
しかし会社の飲み会で、ハメを外して酔っぱらうべきではありません。
自分の記憶になくても、上司に暴言を吐いてしまい、職場での人間関係が険悪になったりしたら大変です。

 

ですがお酒の許容範囲は人それぞれ異なり、お酒が弱い人で上司から勧められて断れない場合もありますよね。
ではどうすれば、飲み会の席でお酒に酔わなくなるのか、いくつか方法を紹介します。
 

 

まずお酒を飲む前の準備段階で、して欲しい事があります。
それは空腹の状態でいきなりお酒を飲むと、悪酔いする可能性が高くなるという事です。
なので胃をコーティングし、アルコールの吸収を遅くするために、乳製品を摂取する事をオススメします。
コンビニや飲むヨーグルト、チーズなどであれば、コンビニでも手軽に手に入りますよね。

 

肝臓を元気にしたい場合は、クエン酸を摂取すればいいので、黒酢ドリンクやトマトジュースも効果があります。

 

そしてお酒を飲んでいる最中にも、酔わないテクニックがあります。
それはお酒だけでなく、途中で小まめに水を飲む事です。
そうする事で、脱水症状になる事を防ぐ事が出来、悪酔い対策になります。

 

お酒で水分は補給していると思う人もいるかもしれません。
ですが、お酒は利尿作用があるので、お酒を飲むとトイレが近くなりますよね。
そのため逆に体内の水分が排出されてしまうので、水分補給の役割を果たしていません。

 

飲み会の後からでも、翌日に二日酔いにならないために、出来る事があります。
それは水を一杯飲む事です。
あと、飲むと眠くなるという人も多いかもしれませんが、すぐに寝るのはNGです。
身体が休息状態になり、アルコール分解されにくくなってしまいます。

 

なので水を飲んで、少し酔いを醒ましてから寝る事をオススメします。