会社の飲み会で立ち回るテクニック

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

会社の飲み会で立ち回るテクニック

もし上司が飲み会の席では無礼講だと言ったとしても、上司と部下という関係性は飲み会の席でも変わる事はありません。
そして自分のプライベートな時間を、会社の飲み会に費やしている訳です。
なので少しでも仕事でプラスになるように、立ち回るべきだと言えるでしょう。
 

 

飲み会の席で築いた人間関係で、仕事が円滑に進むのであれば、それに越した事はありませんよね。
では飲み会の席で、部下が上司にどのように立ち回るのが正解なのか、テクニックを紹介します。

 

まず基本は上司の話を積極的に聞く事です。
仕事の話ばかりでつまらない、何度も同じ話の繰返しで相手をするのが面倒だと思う事もあるでしょう。

 

ですが自分の話を親身になって聞いてくれる相手に対して、人は好感を持つ傾向があります。
上司だって人間です。
同じぐらいの能力の人間であれば、可愛がっている部下とそうではない部下のどちらを優遇するのかと言えば、可愛がっている部下ですよね。

 

最近の若い人だと、お酌をされるのは苦手で、自分のペースで飲みたいと思う人が多いかもしれません。
ですがまだまだ上司の世代では、若手社員がお酌をするのが当然と考えるひとは、珍しくありません。
なのでお酌をしない=気が利かない奴と思われてしまうので、積極的にお酌をするようにして下さい。

 

他にも、全体に目配せしておけば、ビールをお酌する事以外にも、灰皿を変える事、追加の注文をする事、おしぼりをとってくる事など、やる事はいろいろあります。
肝心な事は、上司に言われてからするのは遅いという事です。
自分で考えて行動する事は、仕事をする上で必要な事で、飲み会で上手に立ち回る事が出来る社員こそ、出来る社員の第一歩だと言えます。