オススメの逸品料理

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

オススメの逸品料理

逸品料理とは、優れた料理という意味がありますが、地方には名産品を使用して作られた逸品料理がいろいろ存在します。
そんな中でオススメしたいのは、鹿児島の逸品料理「酒寿司」です。

 

鹿児島と言えば、美味しい地酒がたくさん名産品として造られていますが、その地酒をたっぷり使用したお寿司です。
江戸時代から鹿児島で、長年愛されている酒飲みには堪らない一品だと言えるでしょう。

 

では酒寿司とはどのような料理なのかというと、炊いたお米に地酒をまぶし、下味をつけた野菜と混ぜて寝かせます。
そうする事で、酒のまろやかさが出てお米が美味しくなります。
そして、そこに新鮮な魚介類と錦糸卵を盛り付けたら完成です。
仕込みに1日かかる手間ひまかけた鹿児島の郷土料理で、お祝いの席などおもてなしの際に作られる料理です。

 

また逸品料理と言えば、希少性も価値を高めていると言えるのではないでしょうか?
地域が限定している事、伝統料理である事も逸品料理の条件となりますが、希少性と食べられる時期が限定されるという意味で外せない逸品料理は「天然鮎の塩焼き」です。

 

天然鮎が獲れる地域が限られていますし、鮎が獲れる時期も7〜9月と旬が短いので食べれるチャンスが少ないと言えます。
天然鮎の塩焼きは、シンプルな料理ですが鮎の美味しさが最も引き立つ料理で、自然の豊かな香りと引き締まった身が堪能出来ます。

 

最近は、ネットを使ってお取り寄せ出来る料理も増えてきましたが、やはり逸品料理はその土地に行って食べるのが最も美味しいと言えるのではないでしょうか?