ワインとチーズの美味しい組み合わせ

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

ワインとチーズの美味しい組み合わせ

ワインに合わせるおつまみとしてチーズを選択する人も多いと思います。
しかし、実際にいくつものチーズを目の前に出されてみると、どれがワインによく合うのかわからない。
そんな方も少なくないことでしょう。

 

今回は、居酒屋やレストランでワインを飲むときに知っておくと役立つチーズの選び方をご紹介します。
チーズとワインを美味しくいただくには、産地に注目するのが最も簡単な方法です。
 

 

日本国内においても、同じ土地で生産された食品とお酒の相性は抜群ですよね。
郷土料理と地酒のように、その土地でしか食べられない料理やお酒は、互いの味を引き立てる関係性にあります。

 

チーズとワインに関しても同じようなことがいえるのです。
つまり、ワインの醸造所とチーズが作られた地域がなるべく同じになるようにメニューを選択してください。

 

同じ気候や風土で作られた食品は一緒に口にすることでお互いの良さをさらに高め合う。
これは、チーズだけでなくお酒に合わせるあらゆるおつまみにいえることなので覚えておきましょう。

 

続いてのポイントはチーズとワインの風味の傾向を合わせることです。
フレッシュチーズのように爽やかな口当たりのチーズは、重厚な香りのする熟成ワインと合わせると個性が消えてしまいます。

 

そのため、若いワインには熟成されていないチーズを合わせるようにするのが鉄則です。
チーズそのものの味とワインの味も、両者の相性を決める重要な要素といえます。
塩気や口に入れたときの油っぽさが強いチーズは、お肉料理と相性が良い赤ワインと一緒に食べてみましょう。

 

一方で、ミルクの香りを強く感じられるチーズには、ブドウの風味が特徴的な白ワインがおすすめです。
ご紹介したようなポイントを押さえて、居酒屋で楽しくワインとチーズを堪能しましょう。