居酒屋での上手な飲み方と食べ方

居酒屋での上手な飲み方と食べ方

MENU

居酒屋での太らない飲み方

居酒屋に出かけながら太ることを心配しながら飲むのでは、楽しむことはできません。
しかし少しだけ気を配れば、太ることを心配せずに酒を楽しむことができます。
このサイトではその方法を紹介しましょう。

 

一般に飲食で太る原因は「カロリー」と「脂質」と思っている人が多いようですが、
太る一番の原因は「糖質(炭水化物)」なのです。
糖質を多く含んでいる飲料や料理は、急激に血糖値を押し上げてしまいます。
この血糖値が急激に上がると肥満ホルモンであるインスリンが多量に分泌されるのです。
このインスリンは余った糖を脂肪に変えて脂肪細胞に蓄えますから、それによって結果的に太ることになります。
ということは、居酒屋ではできる限り糖質の少ないアルコール飲料を飲めば、
太ることをあまり心配しないで楽しむことができるということです。
アルコール飲料を糖質の多少で区分すると、「醸造酒」と「混成酒」は多めで「蒸留酒」は含まれていません。
「醸造酒」は米や・麦・ブドウなどを発酵させて出来た酒で日本酒やビール、ワインなどです。
ただし発泡酒や赤ワイン、白ワイン辛口などは糖質量の少ない酒です。

 

「混成酒」は醸造酒や蒸留酒に香料や果実さらに糖分などを加えた酒で梅酒やリキュール、またベルモットなどです。
「蒸留酒」は醸造酒を蒸留させたもので焼酎・ウイスキー・ブランデー・ウォッカ・ジンなどです。
なお糖質を含んでいない酒を飲んでも、
肴の料理が糖質を多く含んだものであれば結果的に太ってしまいます。
居酒屋の飲食で太らないためには、
酒だけではなく料理も糖質(炭水化物)の低いものを食べることが大切です。
梅田の蔵之助はメニューが豊富でおすすめです。

居酒屋での太らない食べ方

居酒屋での太らない飲み方があるように、居酒屋での太らない食べ方があります。
一般に食べると太る原因は「カロリー」と「脂質」と思っている人が多いようですが、これは必ずしも正解とは言えません。
高カロリーや多量の脂質を含む食べ物は太る原因の一つですが、実は一番の原因は「糖質(炭水化物)」なのです。
糖質の高い酒を飲むと太るように、糖質の高い料理を食べると確実に太りますから用心しなければなりません。

 

また酒の場合は糖質だけに気を付けていればいいのですが、
料理の場合は糖質に加えてカロリーと脂質にも気をつけなければならないので厄介です。
では、どのような食べ方をすれば太らないか、紹介しておきましょう。

 

腹が空いているのではじめに脂肪分が多く高カロリーの肉でもガツンと行きたい気持ちを抑え、
枝豆や野菜スティックといった食物繊維をたくさん食べます。
トマトなど血糖値の急上昇を防ぎ肥満ホルモンのインスリンの分泌を抑える野菜サラダは特におすすめです。
サラダと言ってもてマヨネーズたっぷりつかったポテトサラダ、
マカロニサラダは炭水化物が多い上にカロリーが高すぎるので避けてください。
またチーズドレッシングをたくさん使ったサラダも避けましょう。

 

こうしたものから食べ始めると満腹感を感じますので、
その後の暴飲暴食を防ぎます。
どうしても肉や魚を食べたい場合は、
肉はヒレ肉で魚は白身魚やイカ、タコといった脂質の少ないものを選ぶことが条件です。
また揚げ物を食べる場合は、フライよりから揚げを選びます。
あなたは居酒屋でこうした食べ方が出来るでしょうか?
 

更新履歴